女性がやっておきたい自転車通勤の汗対策は?メイクもニオイも心配なし!

渋滞・満員電車の混雑とは無縁の自転車通勤。

ジムに通う時間もないし、トレーニング代わりに!

健康的だし始めてみようかな…

と、最近では女性でも自転車通勤を始める人が増えてきています。

でも、時期が夏ってだけでちょっと話が変わってくるんですよね。

その原因は、なんといってもやっぱりなんです…

 

おはこんばんにちは、『スメ女ですがなにか?』のLena(@Lena_sumenani)です。

夏の自転車通勤は日焼けも気になるところですが、

・頭がシャワー後くらい汗だく

・汗でメイクが崩れる

・服の汗ジミ

・仕事中の汗臭さ

女子にとって悩み事のオンパレードなイメージがあって、夏場だけは自転車通勤を諦めたくなりますよね。

対策として「会社近くの漫画喫茶のシャワールームやジムの契約をしておいて、出社前にシャワーを利用する」という方法も聞きますが…

じゃあ、それが出来なかったらどうすればいいの?

と思ったんです。

 

そこで今回は、会社や近場にシャワーがなくても夏場に自転車通勤を楽しめる汗対策をご紹介!

制汗剤やデオドラントアイテムはもちろん使っているでしょう。

でも、出発時間を早めたり日陰を通勤ルートに選んだりすれば、信号待ちで汗が吹き出したり、会社についてから汗のベタつきやニオイが気になったりすることもありません。

また、会社についてから汗をかいた服をそのままにしておくと、服に汗のニオイがしみついて面倒なことに…

これから自転車通勤を始めようと思っている方も、すでに自転車通勤をしている女性も、爽やかな自転車通勤を実現したいなら要チェックですよ。

自転車通勤の汗対策①お出かけ前にできること

しほ
自転車通勤をするとやっぱり汗はかいちゃいますよね…
マユ
そうね。でも出掛ける前の予防をしておけば、会社に着いてからのケアも楽になるのよ

汗を完全にストップする方法というのは残念ながらありませんが、出来るだけ汗をかかないように準備することはできます。

汗のことを考えたバッグを用意しよう

自転車通勤するなら、リュックタイプのバッグが便利ですし、防犯にもなります。

でも、リュックをしょっていると背中にじっとりと汗をかいてしまい、途中で拭き取るのが大変ですよね。

そこで、背中とリュックの間に空間を作り、通気性を高めましょう。

手持ちのリュックに取り付けることが出来るので、わざわざリュックを買い直す必要もありませんよ。

汗対策には服装も大切

通気性・吸湿性に優れた、自転車ライダー(チャリダー)さん向けのウェアも多く出ています。

しほ
でも、そこまでがっつりした格好で通勤するのはちょっと…

という方は、

・汗ジミの目立ちにくい色(白や黒)を選ぶ

・サイズはゆったりめの方が通気性がよい

・汗取りインナーを着る

といったポイントをおさえるようにしましょう。

汗を完全にストップすることは難しいので、通勤用の服と仕事のときの服は別にしておいた方が得策。

ちなみに「サイズがゆったりめ」というのは、ボトムスも同じです。

しほ
下半身を締め付けると、上半身の汗が増えてしまうんだそうです!
マユ
締め付けている下半身の汗は止まるから、一長一短ね。

化粧よりも日焼け止めを

しっかりメイクしたところで汗で崩れてしまうので、メイクは必要最低限に留めておくべきです。

個人的にはもう、眉毛だけあればいいんじゃないかな…とすら思っています(笑)

メイクに時間をかけるよりは、夏の女子のもうひとつのお悩み、日焼け対策に気を配るといいですね。

首の後ろや腕、顔などにしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

もちろん、汗に強いタイプで!!

顔の日焼け止めを落とさないために、頭の汗を止める方法もぜひチェックしてください。

関連記事:頭の汗を今すぐ止めたい!外出先ですぐできる応急処置と汗をかかないコツ

早めの出発が汗対策を左右する

時間に余裕がないと、気持ちが焦り汗を増やしてしまいます。

しほ
早めの時間なら日差しもキツくなくて、日焼け対策にもなりますね!

また、早朝であれば気温も上がりきっていませんし、道も空いています。

余裕をもった通勤が、出勤後の汗ケアにかけられる時間を作ってくれるハズですよ。

制汗剤は使い分ける

出発前には、汗をおさえる効果を重視した制汗剤を使っておきましょう。

スプレータイプはサッと使えますが、成分をまんべんなく行き渡らせるならクリーム・ロールオンタイプがオススメ。

スプレータイプは、外出中の応急処置としてバッグに入れておくといいですね。

塗るのがちょっと手間に感じるかもしれませんが、最近は汗で流れ落ちにくいタイプも増えています。

また、顔に使えるサラフェなら肌に優しいので使い勝手バツグンです。

朝塗れば、1日中顔汗知らず♪【サラフェ】

ネッククーラーで体温が上がるのをおさえる

熱中症対策としてよく知られ、デザインもかなり豊富になったネッククーラー。

スポーツタイプなら、自転車通勤でも邪魔にならず首にしっかりフィットしてくれます。

首元を冷やすと体温上昇をおさえられるので、汗の量が格段に変わってくるハズですよ!

スポンサーリンク

自転車通勤の汗対策②通勤途中にやっておきたいこと

汗をかかないように準備したら、さぁ出発。

自転車に乗り始めると運動しっぱなしだし暑いしで、汗をかいても仕方ないと諦めていませんか?

まだまだ、通勤途中でもできる汗対策はあるんですよ。

一定のスピードで漕ぐことを心がける

当たり前なんですが、自転車をがむしゃらに漕げばそれだけ体温が上がります。

ここで、時間に余裕を持って出発することが活きてくるワケですね。

マユ
でも、上り坂だとどうしても力を入れて漕ぐしかないのがつらいとこよね…

自転車で坂道を上るときのコツは、

・楽なギアにすること

・階段を上るイメージで軽さを意識すること

力を抜くことを意識しましょう。

無理せず自転車を降りる選択も必要かもしれませんね。

日陰を通る通勤ルートを選ぶ

これが意外と重要で、日陰は暑さや地面からの照り返しが少ないため、汗対策だけでなく日焼け予防にも有効です。

朝早く出ていれば、日中よりも日陰になっている場所も多いのではないでしょうか。

しほ
早く出発していれば、多少回り道になったとしても日陰の多いルートを選ぶ余裕ができますね

まさに、早起きは三文の得ってヤツです。

止まったタイミングでこまめに汗ケア

渋滞知らずの自転車通勤でも、さすがにノンストップで会社まではたどり着けないでしょう。

颯爽と走っている間は汗を感じなくても、ちょっと信号待ちをしている間に汗が吹き出してくるものです…

自転車を止めるタイミングには、こまめに汗のケアや水分補給をしましょう!

詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね。

関連記事:夏の通勤時に汗止まらない!すぐにできる簡単汗止め法とニオイ対策

マユ
少しづつケアしておけば、汗のニオイも最小限に抑えられるのよ
スポンサーリンク

自転車通勤の汗対策・会社に着いたら

汗をおさえて、通勤途中もケアを怠らないこと。

これで、自転車通勤の汗だく問題はずいぶんと軽減されているハズです。

そして最後、いざ仕事が始まってからいやなニオイをさせないようにケアしておきましょう。

汗を拭く

まずは、かいた汗をきちんと拭き取ります。

会社にシャワールームがあれば一番なんですが…そういった会社はなかなか少ないでしょう。

乾いたタオルよりも、凍ったり濡らしたタオルで拭き取るのがオススメです。

より効果的にニオイケアをするなら、殺菌・抗菌効果の高いボディシートを使い、ニオイの元となる雑菌をやっつけるのがいいですね!

涼感のあるクールタイプを使うと、さっぱりとして気持ちがいいですし、体全体のクールダウンにもなります。

また、頭にかいた汗は、ウェットティッシュや洗い流さないタイプのシャンプーを使ってもいいでしょう。

関連記事:頭皮の匂いをすぐ消す方法!夕方オヤジ臭い女子の応急処置アイテムは?

ニオイケアをする

しっかりと汗を拭き取ったら、次はニオイをおさえるタイプのデオドラントアイテムを使いましょう。

背中にも使いやすいスプレータイプが向いていると思います。

クールタイプをコールドスプレー代わりに使うのもありですが、香りつきはオススメしません。

後からかいた汗のニオイと混ざってしまうと、なんともいえず嫌なニオイになってしまうからです。

化粧はクールダウンしてから

汗をしっかりと拭き取り、ニオイケアをしたら、やっと仕事にむけての化粧ができます。

しかし、自転車を漕いできた分、じっとした途端に汗が出てくることも…

化粧が浮いたり汗で崩れたりしないよう、顔のクールダウンもしておきましょう。

塗れたタオルで顔を拭くだけでできるので、そのためにも通勤時にはほぼメイクなしの方がいいんですよ。

脱いだ服もきちんと汗ケア

通勤のときに着ていた服、多少なりとも汗をかいていますよね?

汗のニオイがしみついてしまうので、そのままにしておくのはNGです!

すぐに洗濯できればベストですが、会社だとなかなかそれもできません。

だからといって水洗いすると、汗のニオイに生乾き臭もプラスされ二次災害を引き起こしてしまいます。

汗のついた服の応急処置は、風通しのいい場所に干して乾燥させること。

湿度が高いと、ニオイの元となる雑菌にとって居心地がいいので、少しでも乾かすことでその繁殖をおさえるというワケです。

乾かした後、家でしっかりと抗菌・防臭効果のある洗剤で洗濯しましょうね!

関連記事:洗濯しても落ちない!汗臭い洗濯物の解消法とおすすめ洗剤3選

マユ
ニオイが気になるからって、脱いですぐにビニール袋に入れておくのは一番ダメよ!
しほ
ニオイだけじゃなくてカビが発生する可能性もあるみたいです!!
スポンサーリンク

まとめ

今回は、自転車通勤の汗対策についてお届けしました。

会社の側にシャワーを浴びられるスポットがなくても、出発前から対策すれば爽やかな出社が出来るものです。

汗をかかないよう予防すると同時に

・汗をかき始めたときの対処法

・会社についてからのニオイケア

を知っておくことで、トレーニング代わりの自転車通勤も楽しくなってきます。

少々の手間で済みますから、夏場でもぜひ快適な自転車通勤をしていってもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です