実は逆効果!?汗臭い女性が使いたいボディソープの正しい選び方とオススメ4選

汗のニオイは、女性なら誰もが気になっていることですよね。

「自分では汗臭いって気づいていないだけなのかも…」

「汗をかいた後は誰も近寄らないで~!」

夏場の女性は、ムダにドキドキしちゃうものです…

 

どうも、『スメ女ですがなにか?』Lenaですー。

自分なりに気を使い、こまめに制汗剤を使っていてもなんだか落ち着かない。

以前のあたしも、夏場になるととにかく汗をかくことに気を使っていて、それだけで疲れちゃってたんですよね…

そんな悩みを和らげてくれる、体臭ケアとしてメジャーになってきたデオドラントボディソープ

でもボディソープによっては、ケアどころか体臭を悪化させてしまうものがあるんです!

 

今回は、体臭対策ボディソープの選び方とオススメのボディソープをご紹介。

使っているボディソープを見直せば、体臭や汗のニオイ解消が大きく前進するはずですよ。

多くの女性が悩む汗が臭い原因は?

皮脂分泌量の増加

女性は、年々女性ホルモンが減少していきます。

男性ホルモンが優位になると汗や皮脂の分泌が活発になるので、汗や皮脂の量が増えるんです。

皮脂は、本来肌の表面の乾燥を防ぐために出るものですが、多すぎるのは考えもの…

なぜなら、皮脂は空気と触れて酸化することでニオイ物質を発生させてしまうから。

多少は仕方ないにしても、ホルモンバランスの変化で皮脂が増え「前よりニオイが強くなった?」と感じる女性が増えるんです。

汗腺の機能低下

運動不足や不規則な生活で代謝が落ちてしまうように、汗腺の機能も徐々に低下するものなんです。

汗腺の働きが弱ると、血液から汗を作るときにうまく成分のろ過が出来ず、不要な成分を含んだ汗を作ってしまいます。

また、忙しい働き女子はストレスからか、疲労物質である「乳酸」を汗に含みやすいんです。

汗に混じった乳酸は、肌の表面で分解されると「ジアセチル」というニオイ物質を発生させます。

ホルモンバランスが変わって増えた汗が、この質の悪い汗だったら…

そりゃニオイもキツくなるわけですよね。

洗浄力の高いボディソープがニオイトラブルの元かも…

汗も皮脂も、細菌が繁殖・分解することでニオイを発生させます。

そのため洗浄力の強いボディソープを使ったり、ニオイを消そうと体をゴシゴシ洗っていませんか?

実は、それが逆効果になっていることがあるんです。

確かに、ボディソープには機能性に優れたものが多く発売されています。

機能性が高いということは、色々な成分が含まれていて肌の表面環境が荒れやすくなるってこと。

すると、肌を乾燥から守ろうと、もっとたくさんの皮脂が分泌されてしまいます。

また、高い洗浄力や殺菌成分で洗うと、本来肌にいるべき善玉菌も落としています。

善玉菌が減って皮膚の表面のバランスが崩れると、皮脂分解でニオイを出す悪玉菌が活発になってしまうんです。

洗い方はもちろんですが、なにごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」。

洗浄力が強ければいいってもんじゃないんですね。

スポンサーリンク

体臭予防に効果のあるボディソープはどう選ぶ?

では、体臭や汗のニオイをおさえたいと思ったとき、どのようなボディソープを選べばいいのか。

体臭予防用のボディソープが多く発売されていますが、選ぶときにしっかり見ておきたいのは次の3つです。

抗菌・殺菌成分が適切な量で配合されているもの

皮脂や汗の分泌を自分で完全にコントロールすることはできません。

なので、それを分解する細菌の働きを弱くするような肌環境を作っていきましょう。

「カテキン」や「カキタンニン」には高い抗菌効果があることは有名ですね。

また、殺菌有効成分として「イソプロピルメチルフェノール」もその効能を国に認められていますし、配合量もきちんと定められています。

合成界面活性剤・添加物の種類に気をつける

界面活性剤は汚れを落とすために必要な成分ですが、濃度や種類によっては肌の表面にダメージを与えることになります。

洗濯、台所洗剤では洗浄剤と呼ばれる合成界面活性剤は、化粧品では乳化剤、洗浄剤、保湿剤などと名前が変わります。

皮膚表層の脂質を流失させ、タンパク質を交性してバリア機能を壊す成分です。

食器を洗った後などに、手がカサカサしたり、ツッパるように感じることはありませんか?それは界面活性剤の影響です。

引用:ビューティー・ヘルス リセラテラス

角質にあった水分が流れ出すときに、ニオイ物質も排出されやすくなりますし、乾燥肌に傾くことで皮脂腺が「あかん!肌守らなー!!」とまたまた皮脂を分泌してしまうんですね。

洗浄成分は、自然由来のものを使うほうが肌をいたわることができるでしょう。

また、香料や着色料といった添加物は、体をきれいに洗うために配合されているものではありません。

ニオイケアだから、いい香りがするものを使いたくなる気持ちはありますが、余計なものが入っていればそれだけお肌にも負担がかかります。

ボディソープの成分も断捨離しろってことですね!

保湿成分が含まれているもの

皮脂の分泌をおさえるポイントは、保湿です。

細菌では、ボディソープにも保湿成分が含まれたものが多くなりました。

もちろん、ボディソープで保湿するだけでなくお風呂上がりにもきちんと保湿ケアすることで、もっと体臭予防につながりますよ!

余談ですが、夏場になると爽快感を感じるボディソープが人気ですよね。

お風呂上がりに汗をかきやすい人も、サッパリとした涼感を好んで使っているかもしれません。

しかし、これらのメンソールやアルコールの配合されたボディソープは、肌の水分を奪い極端に乾燥させてしまいます。

汗をかかないように使うのもいいのですが、体臭や汗のニオイにお悩みの方は控えた方がいいでしょう。

汗臭い体臭に効く!女性におすすめのボディソープ4選

選び方をしっかりとおさえたところで、【スメ女ですがなにか?】が選んだ、女性にオススメの体臭予防向けボディソープをご紹介していきましょう!

クリアネオ パール

わきがの薬用クリームでも有名な「クリアネオ」から発売されているボディソープ。

抗菌効果として「カキタンニン」を配合。

特に保湿することを重視したボディソープで、高保湿成分サクランなどの高保湿成分24種が美肌もサポート。

ニオイケアだけではなく、美肌のためのボディソープとしても注目されています。

からだの汚れ・体臭予防薬用ボディソープ

もう、名前からして「THE☆体臭対策」って感じですよね!

抗菌効果の高い、高濃度カテキンを含んだお茶エキスとうるおいをキープしてくれるはちみつが配合されています。

「女性向+子供」と書いてあるので、低刺激でお肌への負担も少なそうです。

KnS 薬用柿渋ボディソープ

体臭予防成分の代表ともいえる柿渋エキス「カキタンニン」が配合されています。

他にも、植物由来の成分が多く含まれているので、お肌にも安心ですね。

口コミではすぐに効果を実感したという声も多く、男性にも人気のボディソープです!

デオコ

殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」と、ニオイの元を吸着する成分が配合されたデオドラントボディソープ。

ロート製薬が作っている「医薬部外品」とあって、安全性もありそうです。

また「若い女性からなぜか漂う甘い香り」の元といわれる「ラクトン」も含まれているので、いやなニオイは除去していい香りに包まれることうけあいですね!

スポンサーリンク

続けられるニオイケアが自信を作る

正直いって、体臭に頭を悩ませてるほど暇じゃない働き女子。

生活習慣や食べ物でも、体臭や汗のニオイ予防はできるって分かってるんですけど、なかなか継続できないんですよね。

でも、お風呂は毎日入りますし、体も洗います。

デオドラントボディソープは普段の生活に取り入れやすい上に、続けやすい体臭予防の第一歩。

しかも、他の対策方法よりも即効性がありますので、ぜひご自分に合ったボディソープを見つけていただければと思います。

体臭や汗のニオイに悩まない、自信のある女性を目指しましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です