女子だって足が納豆臭い!すぐにできるニオイ消しと解消のコツ

ハードな1日を終え、家に着いて靴を脱いだらふと気づく、あのニオイ…

足が納豆臭い!!

女子として、足がにおうだけでもつらいのに、納豆臭いだなんてもうモテる気しない…

 

どもども、『スメ女ですがなにか?』のLena(@Lena_sumenani)です。

納豆は口臭予防に効果的なんですが、足からそのニオイがしてるとなると困ったものです。

だって明らかに「足からにおってる」って分かっちゃうんだもん…

足からの納豆臭はホントに強烈で、しっかり洗ってもニオイが取れないし、ひどいときには靴を履いていてもニオイがぷ~ん。

ワキや頭の汗よりも気になってしまうという方も多いハズ。

 

今回は、足が納豆臭くなっているあなたにお届け。

嫌なニオイだからとお風呂で足をゴシゴシと洗っていませんか?

でも、それって逆効果なんですよね。

むしろ納豆くささを強めてしまう可能性もあるので、正しい対策をうつことが大事です。

そして、足が納豆臭くなる人とそうでない人の違いは、におってしまうことの不安も影響していました。

足をにおわせないための状況別ケア方法と、足スメ女卒業のコツをぜひチェックしてみてくださいね。

なんで足だけが納豆臭くなるの?

足のニオイを納豆臭いと感じるのって、実は当然なんです。

足がにおう原因は主に、足裏の表面にいる常在菌がエサとなる汗や皮脂、垢を分解すること。

そして分解のときに、ニオイ成分であるイソ吉草酸を出すのですが、これは納豆の成分である低級分岐脂肪酸にも含まれているんです。

だから足が納豆臭いってのは「そりゃな。」って話なんですよね。

しほ
でも、背中やワキも同じ皮膚なのに、汗をかいても納豆のニオイはしませんよね?
マユ
そうね。足だけが納豆臭くなるのには、足ならではの理由があるのよ

実は、足は皮膚にいる常在菌の数や種類が体の他の部分よりも多いんです。

また、靴をはいた足は湿度も温度も高く、常在菌にとってかなり居心地のいい環境ってワケ。

だから、「体の他の部分はにおわなくても足だけはすっごく臭い」というのはよくある話なんです。

足の納豆臭さ対策のポイントは足・汗・靴のケア

臭くなりやすいってことや納豆臭い理由が分かっても、だからって足スメ女のままなんて耐えられないですよね。

足の納豆臭さを解消するためには、

・常在菌のすみかである足のケア

・常在菌のエサとなる汗のケア

・温度湿度を高くする靴のケア

が重要になってきます。

いくらデオドラントや消臭スプレーをしたところで、そのときにニオイが消えるだけ。

それでは、いつまで経っても足の納豆臭さと付き合っていくことに…

次の項からは、予防・応急処置・改善を考えたトータルな対策法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

足が納豆臭いときの対策①出かける前の予防

まずは、朝出かける前にできるニオイ対策から見ていきましょう。

女性の履くパンプスやブーツは通気性が悪く、ちょっとの汗でもニオイがしやすいんです。

なので、靴を履く前の予防はとっても大切なんですよ。

竹酢液で殺菌

竹酢とは、竹炭を焼くときに出る煙が冷やされて液体になったもの。

それを薄めたものが竹酢液で、薬局でも買うことができます。

竹酢液は殺菌・消毒の効果が高いので、足裏にいる常在菌を減らす効果が期待できるでしょう。

使い方は簡単で、朝出かける前に足を浸して洗うだけ。

洗面器に張ったぬるま湯に、竹酢液を2~3ccくらい入れれば充分です。

デオドラントアイテムで制汗・抗菌

常在菌のエサとなる汗を抑えましょう。

最近のデオドラントアイテムは、消臭だけでなく制汗効果や抗菌も重視して作られているものが増えました。

竹酢液で足湯をするのが難しいという場合や、「寝坊して時間がない!」というときにも、さっと使えるデオドラントアイテムは重宝しますね!

様々なタイプがありますが、予防用にはクリームタイプをオススメしています。

靴のインソールに防水スプレー

こちらはちょっとした裏ワザです。

汗や汚れは、肌表面だけでなく靴やインソールにも染み込みやすいもの。

常在菌にとってエサとなる汗や皮脂が靴にうつれば、どんどんと菌も広がっていきニオイの元になります。

足のニオイをカバーしても、靴がにおっては台無し!

そこで、靴に防水スプレーを使うことで、汗を染み込みにくくするのです。

注意
ただし、靴によっては防水スプレーがシミになってしまったり素材が傷んでしまったりするので、あなたの靴に使えるかどうか必ずチェックしましょう。
スポンサーリンク

足が納豆臭いときの対策②日中・外出中の応急処置

いくら外出前にケアしていても、一度出掛けると靴は履きっぱなしという方がほとんどでしょう。

どうしても汗は多少かいてしまうし、長時間履いた靴はムレていってしまうもの…

それを防ぐためには、外出先でのこまやかな応急処置が欠かせないんです。

汗を拭き取る

「あ、ちょっとムレてきた気がする…」といって、いきなりデオドラントスプレーを足に使うのはNG!

まずは、汗や常在菌をきちんと拭き取ることが大切です。

消臭に慌てる気持ちも分かりますが、常在菌にとってのエサを取り上げないことにはキリがありません。

殺菌・抗菌効果のあるデオドラントシートで、しっかりと拭き取りましょう。

マユ
このときに靴のインソールも拭くといいわよ

清涼感を感じるタイプだと、気持ちもリフレッシュします。

足・靴兼用のデオドラントが便利

常在菌のエサをなくしたら、ここでデオドラントアイテムの出番です。

ニオイ消しに即効性があるのはスプレータイプで、足と靴の両方に使えるタイプが多く出ています。

特に「ストッキングの上からでも使える」タイプだと、より使い勝手が増すでしょう。

関連記事:ニオイ美足へ!外出先ですぐに足の臭いを消すスプレー(女性向け)おすすめ5選

もし裸足になれる場合は、予防としてクリームを塗り直すと更に安心ですね。

ストッキングなどの換えがあると安心

より安心な足のニオイ対策をするなら、バッグにストッキングや靴下の替えを1つでも入れておくのがオススメです。

そもそもストッキングや靴下といった衣類は、その繊維に汗が染み込みやすいんです。

でも、外出先ではなかなか洗濯できません。

ニオイうつりも怖いですし、汗でうっすら湿ったストッキングは履いていて気持ち悪いですよね…

サクっと履き替えて、足全体を朝イチのコンディションに戻してしまいましょう!

関連記事:ストッキング女子必見!臭いストッキングのニオイをとる洗濯のコツと対策法

足が納豆臭いときの対策③おうちケアでにおわない足をつくる

これまでは、におわせないための方法についてお伝えしました。

しかしイソ吉草酸は少ない数でも強いニオイを出してしまう、なかなかに手強いヤツ…

しほ
でも、同じような生活なのに足が納豆臭くない人もいますよね…
マユ
つまり、足が納豆臭くなってしまう人には、イソ吉草酸が増えやすい原因があるということね

納豆臭い足と本当にサヨナラするには、「そもそもにおいにくい足」にする必要があります。

そして、そのためには普段からのケアが重要なんです。

足にやさしく

足がにおうと、ゴシゴシと洗ってしまいがちですが、実はこれは逆効果。

常在菌のエサとなる皮脂は、落としすぎるとその分泌量を増やしてしまうものなんです。

ゴシゴシと擦ることで足裏はダメージを感じ、カバーしようとするんですね。

洗うときには、手で丁寧に、指の間も気をつけて洗うようにしましょう。

また、がさがさかかとの原因にもなる角質の除去や、垢が溜まりやすい爪の間などにも気を配り、見た目にも美しい足を目指すことが大切です。

関連記事:毎日洗っても臭い…女性が知りたい足のニオイを消す洗い方と効果アップのコツ

イソ吉草酸には重曹が効く!

イソ吉草酸は弱酸性のニオイ成分です。

これを消すためには、アルカリ性の成分で中和する必要があります。

そこでオススメしたいのが、お掃除にも活躍するアルカリ性代表の重曹。

それを水に溶かした重曹水で足を洗うことです。

ニオイを吸着してくれるほか、余分な皮脂や角質を柔らかくして除去しやすくしてくれるんですよ。

同じく、アルカリ性で水に溶けやすいセスキ炭酸もありますが、お肌に負担がかかる可能性も…

その点重曹は、食用のものがあるため体についても安心です。

重曹足湯のやり方
・洗面器にぬるま湯を張り、小さじ1~2杯の重曹をしっかり溶かしましょう。

・10分~15分間くらい洗った足をつけます。

・最後に足の指や足裏の角質を軽く擦ってさっと洗い流しましょう。

マユ
不安でも使う量は小さじ3までにしておきましょうね!
しほ
毎日やるのが効果的ですが、足に傷があったり肌の様子を見て控えることも大切ですよ!

靴脱ぎっぱなしにしてない?

1日履いた靴は、湿気が高く汗や常在菌がついています。

靴もすっきり洗ってしまいたいですが、そんな時間もないし正直面倒です。

なので、せめて靴を乾燥させることを心がけましょう。

ベストな方法は、中敷きをきちんと外して天日干し(靴の素材によっては陰干し)すること。

そのためには、毎日同じ靴を履かずにローテーションさせられるといいですね。

どうしても同じ靴を履かなければならない場合には、ニオイケアをした後、翌日までお菓子の乾燥剤を靴に入れておきましょう。

ニオイケアには、殺菌・抗菌を意識した靴用のスプレーを使いましょう。

関連記事:外出先で靴が脱げない!靴の消臭スプレーおすすめ5選

スプレーが使いにくい場合には、10円玉3枚くらいを靴に入れておくのがオススメです。

また、靴の素材を見直して通気性のいいものを選ぶようにするとケアが楽になりますね。

汗はかくものだと割り切る

スメ女なあなたは、汗をかくことにとても不安を感じるでしょう。

でも、実はこの不安が汗をかかせていることがあり、これは精神性発汗と呼ばれます。

あなたはきっと、周りに対して「におっていないか?」と気づかいのできる優しい性格なんだと思います。

そして、ちょっと恥ずかしがりだったり真面目だったりするんでしょうね。

一般的に、足は汗腺が多いため「誰でも1日にコップ1杯分の汗をかく」といわれています。

汗は出るもので、普段のケアや対策次第では、におわないようにすることが充分可能です。

ニオイを気にしすぎたりストレスを溜めないよう、ちょっと開き直ることも改善になっていくハズですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、納豆臭い足の対策・解消法を紹介しました。

におわせないコツは、どんなときにも

・足裏の清潔に保つ

・ニオイ菌のエサをなくす

ことを意識するのが大切です。

そして、個人的には何よりも「気にしすぎないこと」が大事だと思います。

ニオイストレスは悪循環を生み、ニオイを強くしたり体調にも影響したり…本当にいいことなしなんです。

でも、実は誰もがスメ女になる可能性を持っていますし、逆に、きちんとケアすれば絶対に良くなります。

足のニオイとサヨナラして、颯爽を靴を脱げるようになりましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です