【新生活・上京ガール必見】自分でできる!賃貸部屋のニオイを取る方法

新しい部屋への引っ越しや、初めての一人暮らし、新生活ってワクワクしますよね!!

でも、

・部屋は気に入ってるんだけどなんか臭い

・前の住人のタバコやペットのニオイが残ってる

といった新居のニオイに悩まされる人も多いハズ…

せっかくの新生活、気持ちよくスタートしたいですよね。

 

どうも、『スメ女ですがなにか?』のLena(@Lena_sumenani)です。

ニオイ対策を管理会社にお願いすると、予定を合わせたり連絡を取り合ったりするのがめんどくさい。

自分でどうにかできれば一番楽なのになぁ…

 

というワケで今回は、新生活を臭い部屋で迎えたくないあなたにお届け。

引っ越ししてすぐに出来る、簡単に部屋のニオイを取る方法をご紹介していきます。

掃除に使える重曹や雑巾にもなるタオルを使うので、部屋もきれいになって一石二鳥!!

自分で消臭しない場合の対策についても調べているので、選択肢として参考になればと思います。

鍵をもらったらすぐにできる部屋の簡単消臭方法

鍵をもらったら、荷物を入れる前にまずはお掃除しますよね。

お掃除のときに使うアイテムでついでにニオイもきれいにしちゃいましょう!

まずは換気

こんなニオイに効く!
カビくささ・部屋全体のニオイ

最初に、部屋のこもった空気を外に出しましょう。

入居したての時は、部屋がカビくさかったりほこりっぽかったりします。

マユ
使っていなかった分、下水のニオイも部屋に入ってきちゃうしね

ポイントは、2箇所以上窓を開けて空気の通り道を作ること。

もし部屋の電気が使えるようになっているなら、サーキュレーターや扇風機を持ってくると効率がアップします!

また、下水のニオイを消すために水道をひねり、水を1分ほど流しておきましょう。

空気の入れ替え自体は10分くらいで出来ますが、ほこりや湿気を追い出せるので、掃除が終わるまで換気をしたままでいいでしょう。

濡れタオル

こんなニオイに効く!
タバコ・ゴミ・ペットのニオイ・生活臭

濡れたタオルを用意して、部屋の中で5分くらい振り回しましょう。

部屋干しの服にニオイがつきやすいのと同じで、タオルの水分がいやなニオイを吸着してくれるんです。

特に、壁や天井に向けて濡れタオルを振るようにすると、広い範囲での消臭につながりますよ。

しほ
水滴が飛び散らないようにきちんと絞るようにしましょうね!

タオルを濡らすときに、少しのお酢や消臭スプレーを混ぜておくと更に効果的です。

お酢のスプレー

こんなニオイに効く!
タバコ・ペット・トイレ・生臭いニオイ

お酢には殺菌成分と消臭成分の両方が含まれています。

ニオイが気になるところにスプレーして、ぞうきんで拭き取るだけで掃除とニオイ取りが一度に出来ちゃうのが嬉しいポイント。

マユ
お酢はアルカリ性のニオイに強いから、トイレのアンモニア臭にも効果的なのよ

お酢スプレーを作るのはとても簡単で、お酢1:水4の割合で薄めるだけです。

ただし、お砂糖や他の調味料が入った酢やリンゴ酢のように味のついたものはNG。

スプレーした後にベタついたり、雑菌が繁殖しやすくなったりするので使わないでください。

スポンサーリンク

重曹・クエン酸

こんなニオイに効く!
体臭・汗臭・生活臭・食べ物のニオイ

体臭や食べ物のニオイは酸性が多く、お酢はイマイチ効果がありません。

部屋で汗や体臭を感じたら、弱アルカリ性である重曹の出番です。

重曹を小瓶に入れガーゼと輪ゴムで蓋をし、部屋の四隅に置いておきましょう。

マユ
床に直接重曹をふりかけておいて、翌日掃除機で吸ってもOKよ

また、壁についたニオイを取るにはスプレーにするのが便利ですが、重曹は水に溶けにくいのが難点…

クエン酸は重曹と同じ効果があり重曹よりも水に溶けやすいので、スプレータイプで使うならクエン酸をオススメします。

炭で湿気も取り除く

こんなニオイに効く!
靴のニオイ・カビくささ・排水口のニオイ

炭は、空いた穴でニオイを吸着する効果とあわせて、湿気を取るのにも便利です。

ニオイがこもりやすい靴箱や押入れ・クローゼットに使うと、湿気も取り除いてくれますよ。

かごに入れたり、ガーゼなどの通気性のよい布にくるんで置いておきましょう。

しほ
月に1回、半日くらい天日干しすれば、半年は繰り返し使えるんですよ

 

スポンサーリンク

新居の部屋消臭、自分でやらない場合は?

しほ
掃除と一緒にできそうですけど、ちょっと時間がかかりそう…

入居前の掃除だけでも大変なのに、消臭までするとなると確かに面倒を感じますよね。

今度は、自分で消臭をしない場合にはどんな方法があるのかチェックしていきます。

管理会社にお願いする

家賃を払う部屋のことなので、管理会社に連絡して対応してもらうことも可能です。

正直言って、前の住人が退去してから壁紙やフローリングの張替えだけして、消臭はあまり気をつけていないところもあるんですよね…

ただ、「生活をし始めれば下水も流れるので気にならなくなります」と言われてしまったり、「退去後に消臭はしてあります」と言われ、別で費用を請求されたりする可能性も。

実際に下水は生活し始めるとにおわなくなるケースもあるので、その場合は「暮らし始めてニオイが消えればラッキー」くらいのもんです。

マユ
ちょっとした賭けよね…

また、消臭をお願いしても、入居前に消臭スプレーを部屋中に振るだけという対応をされるケースも。

新居の消臭を管理会社にお願いするなら、どういった対策をしてもらえるのか確認しておいた方がよさそうです。

2:清掃業者に依頼

清掃業者さんに自分で依頼すると、消臭の効果はかなり期待できます。

しかし、それなりにお金はかかってきて、東京都内の1DKを消臭する費用の相場はおよそ1万円~3.5万円。

除菌もやってくれるプランがほとんどですが、消臭だけでいい場合はもう少し費用が抑えられるかもしれません。

まずは、見積もりをしてもらうべきですし、中には悪徳業者もいるみたいなので立会が必要でしょう。

 

自分で消臭をしない場合には多少のコストがかかってくるものです。

マユ
あたしは、そのお金で新生活に必要なものを買うわ
しほ
わたしは確実に消臭したいので、清掃業者さんにやってもらいます

このように、費用と自分でやる場合の手間との折り合いをうまくつけて、総合的に判断するといいですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新生活の部屋でニオイが気になったときの消臭方法についてお届けしました。

これから毎日生活をしていく大切な部屋が臭いと、楽しさや生活の質は下がってしまいますよね。

紹介した方法は、どれも掃除道具や濡らしたタオルを使えるお手軽なものばかりでした。

 

そして、自分でやらない消臭の方法についても見てきました。

やはりそれなりにコストがかかりますし、管理会社にお願いするケースではトラブルも発生しやすいもの。

ニオイは目に見えず、感じ方にも個人差があるからです。

マユ
きちんと対応してもらうためには、内見のときに一緒にニオイをチェックして消臭をお願いするべきよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です