同僚女性の口臭はどう指摘する?ギクシャクしない3つの伝え方

口臭問題って、本当に指摘しづらいです。

夫婦でもなかなか言えないようですから、会社の同僚、しかも女性相手となればなおさらでしょう。

・指摘してその後ギクシャクしたくない

・ニオイは気になるけど、いい人なんだよね

・誰か言ってくれないかなぁ…

人間関係が気になって、我慢してるって人多いんですよね。

 

ども、『スメ女ですがなにか?』のLena(@Lena_sumenani)です。

言いづらいから、といって自分でマスクをしたり近くにいるときは息を止めたり…でも正直、できる対策には限界があります。

仕事に集中できなくなったり、会話することが苦痛で必要なコミュニケーションも取れなくなったり、業務に支障がでる可能性だってあるんですよ。

それに、やっぱり口臭は改善して欲しいじゃないですか。

 

今回は、同僚女性の口臭を傷つけないように伝える方法をご紹介。

その伝え方は3つあって

 

・さりげなく気づかせる

・直接話す

・他の人の力を借りる

ガムや水を勧めれば口臭そのものには触れませんし、直接伝えるときには「言いにくさ」を全面に出すのが優しさになるものです。

また社会人のマナーとして、会社全体が口臭問題に取り組むことも増えてきています。

働く人の権利として、これを利用しない手はありません。

オトナ同士ですからね、大人のマナーを持ってきっちり対処していきましょう。

口臭を直接伝えられないときの対処法

口臭を伝えるときには、同僚女性とあなたがどれだけ親しいかによって言い方が違ってきます。

親しくなければ「もしかして私って口臭がするのかしら」と気づかせるのがポイント。

そもそも口臭は自分では気づきにくいんです。

そして、女性は香水や柔軟剤などを楽しむ人も多いくらいニオイに敏感な生き物。

におっている可能性を示すだけでも、対策を始めてくれるハズですよ。

におっているしぐさ

鼻の下に人差し指を当てたり、手のひらで鼻をおおったり、ニオイを感じたときに繰り返してください。

鼻をつまむのはあからさまなのでオススメしません。

それをやるくらいなら、いっそ直接話した方がいいんじゃないでしょうか。

ちょっと時間のかかる方法のように感じますが、繰り返されるうちに気づいてくれるハズです。

水やガムをすすめる

口の中が乾燥して唾液が減ると、口臭が出ることもあります。

仕事中にはあまり会話をしない人も増えているので、それが唾液を減らしている要因かもしれませんね。

水やガムをすすめるだけなら、口臭の話題にも触れていないのでさりげなくできますよ。

普段はあまり話をしない人からガムを勧められたら、「もしかして口臭が…?」と気づいてもらえる可能性も高まるのではないでしょうか。

口臭の話題を耳に入れる

お昼休みのラフな話題が出せるタイミングで、雑誌の特集記事やサイト情報を見ながら

しほ
わー、口臭って歯磨きだけじゃ防げないものなんですねー…。内臓の病気の可能性もあるとか怖いなぁ…
マユ
口臭って自分じゃなかなか気づかないのねー…気をつけないとだわー

と、口臭のする同僚女性に聞こえるように、口臭の話題を出してみましょう。

話しかけるのではなく、ちょっと大きなひとり言のつもりで言うのがコツです。

日本ではおよそ8割の人が自分の口臭を気にしているといわれていますから、本人も「私は大丈夫かしら…」と心配になるでしょう。

しほ
8割もいるんだったら、そもそも同僚の口臭に悩まされないハズなのでは…
マユ
まぁ、気にしている「だけ」でしっかりケアしている人は少ないってことかしらね

周りみんなで口臭ケア

昼休みの終わりなどに、周りの仲間と一緒に歯磨きやマウスウォッシュを始めてみましょう。

人がたくさん並んでるお店って、すごく気になりませんか?

周りがやっていることって、なんとなく「自分もやった方がいいかな…」と思うんですよね。

もし、その同僚女性も一緒に歯磨きする流れができれば更にチャンス!

そのときに正しい歯磨きの仕方や、口臭ケアの正しい方法を共有して、「みんなで気をつける」空気を作っていけるといいですね。

スポンサーリンク

口臭を直接伝えるときに気をつけたいこと

口臭のニオイからできるだけ早く開放されたい

さりげなく伝えてきたけどイマイチ伝わらない…

そんなときには、やはり直接本人に口臭を指摘してあげるのがいいでしょう。

直接伝えるときに気をつけたいのは、もちろん相手を気遣うこと。

そして、言葉選びも慎重に。

ストレートに「口臭がする」と言ってしまうと、相手はとても恥ずかしい気持ちになります。

その動揺で、泣き出したり怒り出したりする可能性もありますし、中には「社内いじめを受けた」「パワハラをされた」なんて言われて困った方もいるくらい…

使ってはいけないNGワードと一緒にチェックしてくださいね。

回りくどいのが実は優しさ

「もしかしたら取り越し苦労かもしれないんですが…」

「気を悪くしないでほしいんですが…」

相手に冷静に話を聞いてもらうため、前置きはとっても大切です。

正直、口臭って言いづらいですよね…その空気を存分にかもし出しちゃってください。

相手にも「言いづらいことを気遣って言っている」ということが伝わりますから、むしろ回りくどく言う方が優しさだといえるでしょう。

しほ
友人が口の中の病気になったことがあるんですけど、それと同じようなニオイをちょっと感じたもので…

と、体調を気遣うフレーズと組み合わせるのがいいと思います。

NGワードは「前から気になってた」

どれだけの期間同僚女性の口臭に悩まされていたとしても、「ずっと前から」というフレーズは使わないべきです。

「長い間同僚に口が臭いと思われていた」なんて、ショックが大きいですよね。

女性であれば、「最近気づいたんだけど」とか「今日はちょっとだけ」というように、限定的な伝え方で充分対策を意識し始めるハズ。

マユ
「くさい」ではなく「においがする」「においが強い」という言い回しをすると、嫌な印象がやわらぎますよ
スポンサーリンク

上司や会社から伝えてもらうのがセオリー

そもそもあなたが同僚女性の口臭に悩まされているのって、

・伝えた後に人間関係がギクシャクしそうで嫌

・相手を傷つけたくない

という思いがあるからではないでしょうか。

確かに、会社は1日の内で長い時間を過ごしますから、人間関係のゴタゴタは避けたいですよね。

であれば、やはり上司や会社という組織の力を借りるのがセオリー。

働く環境を整えるのは会社にとって義務にも近いことですから、ぜひ利用しましょう。

同性の上司に伝えてもらう

男性の上司からニオイを指摘されるのは、女性にとってかなり恥ずかしい思いをするハズです。

その同僚が普段から信頼しているような女性の上司から、個別に話をしてもらうのが一番いいでしょう。

ただし、上司に同僚の口臭の話をするときにも注意が必要。

ニオイは人によって感じ方がそれぞれですから、あなた一人が口臭被害を訴えても取り合ってもらえない可能性があります。

・他の人もニオイに困っていること

・個人的な気持ちではなく、ニオイが原因で業務に支障が出ること

をきちんとアピールしましょうね。

総務部や人事部にかけあう

会社が守るべき労働安全衛生法(安衛法)は、職場の環境を整えることを目的にしています。

・職場における労働者の安全と健康を確保する

・快適な職場環境を形成する

参考:(社)安全衛生マネジメント協会「労働安全衛生法」とは

そのため、職場でのニオイ問題いわゆるスメルハラスメントには、会社全体で取り組んでもらわなくてはいけません。

上司がアテにならない(あるいは女性の上司がいない)場合や、本人に伝えても改善がみられない場合には、総務部や人事部に相談するのも一つの方法です。

・社内全体に向けて、スメルハラスメントやエチケットに関するセミナー開催

・本人への注意・通院の勧め

などを会社からしてもらえば、その後のニオイについても注意しやすくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、職場の同僚女性の口臭への対処法をご紹介してきました。

ニオイというデリケートな問題を伝えるには、どのくらい親しいのかが重要です。

親しくないのであれば、さりげなく相手に気づかせる仕草や発言を心がけましょう。

そして、もし直接伝えられるくらいの親しさがあるのなら、親しき仲にも礼儀あり。

相手のことを思いやる気持ちと、言葉選びに気をつけましょう。

どうしても改善しない場合には、会社の力を借りることもぜひ検討してみてください。

マユ
相手への配慮は忘れてはいけませんが、遠慮をする必要はないんですよ

関連記事:職場や会社で隣の席に臭い人が!かんたん対策と改善必須の立ち回り方

そして、会社は業務を遂行する場所です。

口臭を理由に嫌ったり不当な扱いをするのは、社会人として絶対に間違っています。

自分のニオイに気づきにくい以上、いつの間にか自分がスメハラをしている可能性だってゼロじゃありません。

しほ
「お互い様」の気持ちを持って、みんながニオイケアをしながら気持ちよく働ける職場を手に入れたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です