わきがのニオイがする職場に耐えられない…!伝えずにできる対処法とは

わきがのニオイ、なかなか注意出来ずに我慢してしまいがち…

しかも、それが職場の人だったらどうでしょう?

・ニオイは気になるけど、いい人だから傷つけたくない

・注意したら、その後顔を合わせるのが気まずすぎる

・マスクや消臭アイテムを使ってきたけど、対処しきれない…!

 

どもども、『スメ女ですがなにか?』のLena(@Lena_sumenani)です。

わきがのニオイの強さって、本人は気づきにくいんですよね。

しかも、香水や食べ物のニオイみたいに、量を調整すれば軽減するものでもありません。

デリケートな問題だからと言わずに我慢しがちなんですが、放っておけば、あなたの服にもそのニオイがうつったり体調を崩したりしてしまうかも…

 

でも、正直いって、職場の人だと身内じゃない上に顔を合わせる時間も長くなるから、その後のギクシャクが不安で伝えにくいんですよね。

今回は、職場にわきがの人がいて「もう耐えられない…!」と感じているあなたにお届け。

職場のニオイトラブルは、スメルハラスメント=スメハラとして会社全体で取り組む問題になりました。

ですから、あなたや同僚など周りにいる人だけでどうにかしようとしなくていいんです。

上司やもっと上の総務・人事の力を借りれば、わきがの本人に伝えるという嫌な役回りを負わずに済むんですよ。

職場にわきが臭の人が…言えないけど耐えられない

わきがは本人では気づきにくいもの。

しかも、注意したところで「失礼だ!」なんて怒らせてしまう可能性もある、かなりデリケートな問題です。

そんな人間関係の板挟みで、わきがに耐えている人は本当に多いんですよ。

しほ
指摘したところ激怒し、いじめがあったと上司に報告されているのを見たことがあります。
マユ
デオドラントケアはしているみたいだから、余計に注意しづらい…いっそ退職しようかと思うくらい。

わきがは体質で、本人もなりたくてなったワケじゃないんですよね。

あなたや周りの人も、デリケートな問題だと分かっているから言えずにいるんでしょう。

しほ
体のことだから言いにくいけど、隣に来られるとほんとにつらいです。夏は特にニオイがキツくて、気分が悪くなってしまいました…
マユ
わきがだって気づいているのか、香水でニオイをごまかそうとしてさらに酷いニオイになっている人がいます。仕事は出来る人だから、本人に伝えにくい…

わきがなのが先輩や上司だった日には、もう伝えにくいなんてもんじゃない…絶対言えない!!

でも、こっちで出来る対処法や我慢には限界があります。

関連記事:職場や会社で隣の席に臭い人が!かんたん対策と改善必須の立ち回り方

どうしたら、これ以上耐えられないわきがのニオイを治してもらえるんでしょうか…

スポンサーリンク

職場の耐えられないわきが臭、改善には他の人の力も借りよう

・本人に自覚があっても、どれくらいニオイに困っているかまでは気づいていない

・周りがそれとなく伝えているのに気づいてもらえない

職場で過ごす時間が長いほど、そのストレスは大きくなっていきますね。

でも、ストレートに伝えて人間関係が壊れたり、職場の雰囲気が悪くなったりするのは避けたいところ…

そんなときには、第三者の力を借りましょう。

最近では、スメハラは会社全体で取り組む問題にもなっているんですから、遠慮はいりません。

上司から注意してもらう

わきがなのが同僚や先輩であれば、特に伝えづらいですよね。

やはり、上司から本人に伝えてもらうのが角が立たずに済む方法です。

しかしあなた一人が訴えても「たいした問題ではない」と判断されることもあります。

・他の人もニオイに困っていること

・わきがのニオイが影響して、業務に支障が出ること

を伝えるようにしましょう。

わきがはデリケートな問題なので上司としても注意しづらいと思います。

でも、何人もが苦情を訴えている上に業務に支障が出ているとなれば、立場的に対策せざるを得ないですよね。

そして、わきがなのが女性であれば、女性上司から伝えてもらう方がいいと思います。

マユ
男性に注意されるのは、女性としては恥ずかしいものね
スポンサーリンク

エチケットセミナー

最近では、パワハラ・セクハラに関するセミナーを開催する企業が増えていますね。

同じように、スメハラ対策となるエチケットセミナーを行うのです。

ちょっと手間や費用は必要ですが、外部から講師を招くとその重要性がかなり伝わるハズです。

そしてセミナーとなれば、みんなが同じ内容を共有しますよね。

わきがの人に伝える嫌な役回りを、誰も買わずに済むってワケです。

少人数の事務所やグループであれば、かなりありがたーい方法なんじゃないでしょうか。

身だしなみとして自分のニオイに気をつけることを全体に啓発すれば、セミナー後には直接の注意もしやすくなると思います。

総務部署や人事部に申し出る

・上司に苦情を訴えたけど、一向に動いてくれない

・本人に伝わっているハズなのに、改善しない

そんなときには、更に上の上司へ訴えるか、総務や人事に陳情するのも手です。

会社が守るべき労働安全衛生法(安衛法)は、

・職場における労働者の安全と健康を確保する

・快適な職場環境を形成する

ことを目的に制定されています。

参考:(社)安全衛生マネジメント協会「労働安全衛生法」とは

そのためには、ニオイにまつわるトラブルもきちんと対応してもらうべきなんです。

本人への注意や病院に行くことを促してくれるでしょうし、状況によっては会社のルールとして定めてもらえるでしょう。

スポンサーリンク

ニオイを理由に配慮を欠くのはNG

スメハラは、会社全体で取り組んでもらうべき問題で、働きやすさを求めるのは働く人の権利でもあります。

わきがのニオイがデリケートな問題だからといって、泣き寝入りはしなくていいんです。

でも、権利があるからといって、開き直ってわきがの人に対して嫌悪の気持ちを向けないでください。

それは、もはや職場いじめになってしまいます。

あくまでも職場は、それぞれの業務を遂行すべき場所。

職場にいる人がわきがであっても、それを理由に不当に扱ったり嫌ったりするのは、社会人として正しくないことです。

それに、もしかしたらわきがの本人もすごく悩んでいて、これまで誰にも相談できなかったかもしれません。

あたしも、以前の恋人に「わきがなんじゃないの?」と言われたことがあります。

そして、病院に行って「わきがではない」と診断してもらうまでは、仕事に行くのも嫌で退職したくなったくらいです。

ぜひ、わきがについての理解も深めてください。

関連記事:【女性必見】脇汗が臭いのはわきがと別物?気になる脇汗の原因と対策

その上で、わきがの人もあなたも気持ちよく働ける、すてきな職場環境を整えていっていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です